イタリアン以外

鰻丼のタレ

 ←オリーブのマリネ →アスパラのグリル
うなぎは白焼きに限る!そんなことを言いつつも、いつも鰻丼に仕上げるときのタレについて悩んでいたりする。最近ようやく、このタレの配合が決まってきた。自分で忘れないようにする目的で、ここに書いておくことにしよう。



●鰻丼のタレ
     Unadon sauce


2011_DSC_3773_D700.jpg



●材料 (2 人分)

 しょうゆ ... 45cc
 本みりん ... 45cc
 日本酒 ... 15cc
 きび砂糖 ... 35g



● 作り方

1.本みりんと日本酒を鍋に入れ、火にかける。
 軽く沸騰させて、アルコール分を飛ばす。

2.きび砂糖を加えて、しっかり煮溶かす。

3.しょうゆを加え、とろ火で 20 分くらい煮詰める。
 好みのとろみが付いたら、完成。



●ポイント

a.煮切りのときに、火を入れてみよう。
 本みりん+日本酒を煮切るとき、
 勇気があれば鍋を傾けて火を入れてください。
 香りが良くなります。

b.煮詰め具合はお好みで。
 煮詰め時間を長くすれば、濃厚なタレに仕上がります。
 ただし、焦げ付きやすくなりますのでご注意ください。



僕からのお願いです。

次回は白焼きを買って、このタレを使ってみよう!と思った方、下のバナーを両方クリックしてください。あ、片一方だけでも良いですよ。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ 人気ブログランキングへ
クリックすると別のウィンドウが開きますが、そちらはランキングサイトのレシピ部門です。じっくり見ても良いですし、見ないでウィンドウを閉じてしまってもOKです。

でも、クリックだけは、どうかお願いします。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
もくじ  3kaku_s_L.png イタリアン以外
もくじ  3kaku_s_L.png デザート系
もくじ  3kaku_s_L.png おせち料理
もくじ  3kaku_s_L.png 基礎資料
もくじ  3kaku_s_L.png 写真で見る目次
  • 【オリーブのマリネ】へ
  • 【アスパラのグリル】へ
 

~ Comment ~

作りました 

砂糖を結構入れるんですね。とろみがついてタレらしくなりました。火を入れる勇気はありませんでした。余った分はそぼろと合わせたり便利に使えました。

> むーぼさん。 

またまたレポートありがとうございます。
砂糖の量って、確かにびっくりしますよね。
僕の親戚がうなぎの白焼販売店をやってまして、
子供の頃から食べ慣れた味なんです、これ。
やっぱりタレ付きの既製品より、
白焼きにこのタレのほうが、僕は好きなのです。

また作りました 

わが家の定番になりつつあります。
今回はうっかり煮詰めすぎて、やや糸を引き気味になりました。
少し余ったのですが、前のコメントを見て、そぼろに使えることを思い出しました(笑)。

タレを前日に作っておいて、カーディフ日帰りから戻って食べました。疲れがふっとびましたよ。

> むーぼさん。 

こんにちは。
定番って、いい響きですね。
参考にしていただいて、僕も満足しています。
ありがとうございます。

近日中にそばつゆなんかもアップできたらいいなと思ってはいるのですが、
実際いつになることやら。
気長にお待ちいただけたら幸いです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【オリーブのマリネ】へ
  • 【アスパラのグリル】へ