スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←硬質チーズ、三種類 →カプレーゼ風トマトとモッツァレラのサラダ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2
もくじ  3kaku_s_L.png イタリアン以外
もくじ  3kaku_s_L.png デザート系
もくじ  3kaku_s_L.png おせち料理
もくじ  3kaku_s_L.png 基礎資料
もくじ  3kaku_s_L.png 写真で見る目次
  • 【硬質チーズ、三種類】へ
  • 【カプレーゼ風トマトとモッツァレラのサラダ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

前菜・副菜・メイン

カプレーゼ

 ←硬質チーズ、三種類 →カプレーゼ風トマトとモッツァレラのサラダ
みなさんはモッツァレラチーズはお好きだろうか?そのまま食べても火を通しても美味しいソフトチーズ。今回はこのモッツァレラチーズをたっぷり使った一品、カプレーゼを登場させてみたいと思う。

カプレーゼとは、「カプリの」という意味のイタリア語。モッツァレラチーズがカプリ島で初めて作られたと言われているため、この名前がつけられたよう。是非、本物の素材を手に入れて作ってみよう。

ではいつもどおり、早速作ってみよう。



●カプレーゼ
     Insalata caprese


2009_DSC_6599.jpg



●材料 (2人分)

 水牛乳のモッツァレラチーズ ... 1個
 完熟トマト ... 1個
 バジル ... 8枚程度
 飾り用バジル ... 1枝(省略可)
 E.V. オリーブオイル ... 適宜
 塩・こしょう ... 適宜



● 作り方

1.モッツァレラを3~5mm程度の厚さに
 スライスする。

2.完熟トマトも同程度の厚さにスライスする。

3.トマト、モッツァレラを皿に盛り合わせ、
 軽く且つ満遍なく塩を振る。

 この上に、バジルの葉を乗せていく。
 このとき、バジルの葉の数箇所に
 手で切れ込みを入れると
 香りが出て良い。

 このまま冷蔵庫で冷やしておく。

4.食べる直前にこしょうを振り、
 E.V.オリーブオイルをたっぷりと
 まわしかけ、
 飾り用のバジルをあしらって完成。



●ポイント

a.良い素材を使って作りましょう。
 このレシピで作るカプレーゼは
 素材の味だけでほぼ全て決まってしまいます。

 ですから、
 水牛乳のモッツァレラの美味しいものが手に入ったときに、
 完熟トマトと非加熱圧搾のE.V.オリーブオイル、
 それから挽きたての黒こしょうと自然海塩を使って
 作ってください。

 素材が今一歩という場合には、このレシピではなく、
 もう少し手を加えたレシピで作ることをお勧めします。
 そのアレンジ版のレシピは近日登場予定です。

b.盛りつけ方は、全くの自由です。
 ご家庭でいただく一品であれば、
 こんな風に盛り付ける必要さえありません。

 完熟ミニトマトとちぎったモッツァレラを小鉢に入れて、
 バジルをちぎって、塩・こしょう・E.V.オリーブオイルを
 ざっとかけるだけ。
 そんな簡単な一品ですから、気楽に作ってみましょう。


c.E.V.オリーブオイルはたっぷりと。
 E.V.オリーブオイルは、
 「えっ、こんなにいっぱい?もったいない。」って思うくらい
 しっかり掛けてください。
 食べ終わった後に皿に残ってしまいますけど、
 それくらいかけると非常に美味しく仕上がるのです。



僕からのお願いです。

アレンジ版のレシピも興味あるな、と思った方は、是非下のバナーを両方クリックしてください。あ、片一方だけでも良いですよ。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ 人気ブログランキングへ
クリックすると別のウィンドウが開きますが、そちらはランキングサイトのレシピ部門です。じっくり見ても良いですし、見ないでウィンドウを閉じてしまってもOKです。

でも、クリックだけは、どうかお願いします。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
もくじ  3kaku_s_L.png イタリアン以外
もくじ  3kaku_s_L.png デザート系
もくじ  3kaku_s_L.png おせち料理
もくじ  3kaku_s_L.png 基礎資料
もくじ  3kaku_s_L.png 写真で見る目次
  • 【硬質チーズ、三種類】へ
  • 【カプレーゼ風トマトとモッツァレラのサラダ】へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【硬質チーズ、三種類】へ
  • 【カプレーゼ風トマトとモッツァレラのサラダ】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。