スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←いわしのベッカフィーコ →焼きプリン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2
もくじ  3kaku_s_L.png イタリアン以外
もくじ  3kaku_s_L.png デザート系
もくじ  3kaku_s_L.png おせち料理
もくじ  3kaku_s_L.png 基礎資料
もくじ  3kaku_s_L.png 写真で見る目次
  • 【いわしのベッカフィーコ】へ
  • 【焼きプリン】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

前菜・副菜・メイン

トマトのオーブン焼き

 ←いわしのベッカフィーコ →焼きプリン
トマトって本当にオールラウンドな食材だと思う。手っ取り早くそのまま丸かじりという方法から、切る、つぶす、すりおろす、煮る、焼く、炒める、蒸す、乾燥させる、などなど様々な調理法で美味しく食べることが出来る。

そんなトマトを使った簡単な一品を、今日は作ってみようと思う。この料理は、焼きたてのアツアツを食べても美味しいし、冷やして味を馴染ませてから食べてもまた別の美味しさが発見できたりして、二度楽しめる一品なんだよね。多めに作っておくと良いかもしれません。

例によって、早速作ってみよう。



●トマトのオーブン焼き
     Pomodoro al forno

2009_DSC_4317.jpg



●材料(4 人分)

 完熟トマト ... 4個
 ガーリック ... 1片
 イタリアンパセリ ... みじん切りで大さじ1
 E.V. オリーブオイル ... 大さじ3程度+大さじ1/2
 塩・こしょう ... 適宜



● 作り方

1.ガーリックはごく細かなみじん切りにする。
 ガーリックの食後のニオイを極力抑えたい場合は
 皮を剥いて包丁の腹や瓶の底などで潰す。

 イタリアンパセリはみじん切りにする。

 これらをボウルに入れ、
 E.V.オリーブオイル(大さじ3程度)を加えて
 しっかり混ぜ合わせる。

 また、トマトは水平方向に半分に切る。

 オーブンを230度に温めておく。
 
2.E.V.オリーブオイル(大さじ1/2)を
 フライパンに入れ、中火にかける。

 フライパンが温まったら
 トマトの断面を下にして並べる。
 この断面に焦げ目を付けるように
 なるべく触れずに火を入れていく。

3.トマトの断面にうっすらと焦げ目がついたら
 トマトの上下をひっくり返しながら耐熱皿に移す。

 ここに、先に用意しておいたガーリック+
 イタリアンパセリ入りのオイルを均等にかけ、
 軽く塩・こしょうを振る。
 但し、ガーリックを潰して使う場合には、
 ガーリック自体はトマトには乗せず、
 耐熱容器内に置いておく。

 これを耐熱皿ごとオーブンに入れる。

4.約10分程度でトマトの皮が柔らかくなり、
 ガーリック(みじん切りの場合)に
 しっかりと火が通ったら完成。

 そのまま食べても、
 常温まで冷まして食べても、
 冷蔵庫で冷やして食べてもOK。
 お好みの食べ方でどうぞ。



●ポイント

a.ガーリックの切り方の使い分けは?
 ガーリックは切り方によって香りの出方が違うだけでなく、
 食後のニオイの残り方も違ってきます。

 今回の場合、潰しただけの場合はガーリック自体は食べずに、
 その香りをオイルに移して使います。
 このため、食後のニオイはほとんど気にならないのですが、
 味のインパクトは弱くなってしまいます。

 一方、ごく細かなみじん切りにした場合、
 ガーリック自体を食べることになりますので、
 食後に僅かなニオイは残りますが、味は格段に良くなります。

 詳細は「ガーリックのニオイ」と「ガーリックの切り方と使い方」に
 書いておきましたので、ご興味があれば見てみてください。

b.トマトは加熱すると味が変わります。
 トマトは御存知の通り、
 加熱することで味や食感が大きく変わります。

 甘みが増え、酸味が減り、苦味も減ります。
 同時に皮の部分が柔らかくなります。

 生トマトの食感が苦手な方であっても、
 この調理法の場合は美味しくいただけるかもしれません。
 無理強いしては駄目なんですけどね。

c.お好きなハーブを加えてみましょう。
 今回のソース部分には、
 イタリアンパセリとガーリックだけを使用していますが、
 ここにトマトと相性の良いハーブを少々追加すると
 味のバリエーションが増えます。

 例えば、オレガノの葉のみじん切りをオイルに加えたり、
 仕上げにバジルの葉をちぎって乗せても良いですね。

 但し、あくまで「少々」がコツです。
 主役のトマトの風味を消さないようにご注意ください。

d.残った分はパスタソースに。
 ちょっと多めに作ってしまって残った場合には、
 茹で上げたスパゲッティに和えて
 簡易版のトマトソースにしてしまいましょう。
 一旦常温まで冷ますと味が馴染んでいるはずで、
 パスタソースにしても違和感がないと思いますよ。

 オレガノ+酢漬けのケイパーなんかを加えれば
 また別の風味に仕上がったりして、
 なかなか使い勝手の良い一品になるはずです。
 色々とお試しください。



僕からのお願いです。

コレくらいの一品なら作ってみようかな、と思ってくれたら、下のバナーを両方クリックしてください。あ、片一方だけでも良いですよ。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ 人気ブログランキングへ
クリックすると別のウィンドウが開きますが、そちらはランキングサイトのレシピ部門です。じっくり見ても良いですし、見ないでウィンドウを閉じてしまってもOKです。

でも、クリックだけは、どうかお願いします。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
もくじ  3kaku_s_L.png イタリアン以外
もくじ  3kaku_s_L.png デザート系
もくじ  3kaku_s_L.png おせち料理
もくじ  3kaku_s_L.png 基礎資料
もくじ  3kaku_s_L.png 写真で見る目次
  • 【いわしのベッカフィーコ】へ
  • 【焼きプリン】へ
 

~ Comment ~

おいしかったです 

オーブンの代わりにトースターで焼いたけれど
おいしかったです。
手軽にできて、立派な一品。
残ったソースで明日、パスタを作ってみます。

> haykichi さん。 

オーブントースターでも十分焼けますよね。
ガーリック好きの haykichi さんにとっては
重宝する一品なんじゃないでしょうか?(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【いわしのベッカフィーコ】へ
  • 【焼きプリン】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。