スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←エビとズッキーニのクリームソーススパゲッティ →グラーナチーズ入りグリーンサラダ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2
もくじ  3kaku_s_L.png イタリアン以外
もくじ  3kaku_s_L.png デザート系
もくじ  3kaku_s_L.png おせち料理
もくじ  3kaku_s_L.png 基礎資料
もくじ  3kaku_s_L.png 写真で見る目次
  • 【エビとズッキーニのクリームソーススパゲッティ】へ
  • 【グラーナチーズ入りグリーンサラダ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

イタリアン以外

パン粉の作り方

 ←エビとズッキーニのクリームソーススパゲッティ →グラーナチーズ入りグリーンサラダ
皆さんはパン粉、どんなものを使っていますか?そうです、フライとかに使う、あのパン粉です。市販のカリカリになっているパン粉ですか?それとも、地元のパン屋さんから買ってくる、生パン粉ですか?

僕の家では、主にバゲットだとか、自分で焼いたパンの残りだとか、そういった普通に食べるパンからパン粉を作っています。これがね、市販のカリカリのパン粉と違って、香ばしくて美味しいんですよ。しかも、フライに使うための普通のパン粉と、イタリアンなんかで使うキメの細かいパン粉を作り分けておくことができるので、重宝しています。

今回は、そのパン粉の作り方を説明してみたいと思います。



●パン粉
     Bread crumbs


2011_D74_6808.jpg

イタリアンで使うのは、こっちのタイプ。
2011_D74_6803.jpg



●材料

 パン ... 適宜
 2011_D74_6790.jpg



● 作り方

キメの細かいパン粉の場合:

1.そのままでも食べられるパンを乾燥させる。
 低温(100度以下くらい)のオーブンに入れて
 乾燥させてもいいし、
 普通に風通しの良い場所に置いておけば
 1~数日間でカチカチに硬くなる。

 スライスしてから乾燥させると早い。
 2011_D74_6791.jpg


2.カチカチに硬くなったパンを適当なサイズに切り、
 フードプロセッサーに入れる。
 2011_D74_6792.jpg

3.細かくなるまで粉砕する。
 2011_D74_6796.jpg

4.やや粗めのざるなどで濾す。
 2011_D74_6801.jpg

5.出来上がり。
 2011_D74_6803.jpg


普通のパン粉の場合:

1.柔らかなままのパンを適当なサイズに切ったり、
 ちぎったりして、フードプロセッサーに入れる。
 2011_D74_6805.jpg

2.好みの細かさになるまで粉砕する。
 2011_D74_6793.jpg

3.そのまま濾さずに、完成。
 2011_D74_6808.jpg



●ポイント

a.パンの種類は、好きなものをどうぞ。
 今回はバゲットを使ってパン粉を作りましたが、
 実際美味しいパンであれば、
 食パンだろうとカンパーニュだろうと、
 何でも構わないのです。

 但し、食パンや菓子パン系などといった
 糖分が多く入ったパンで作ったパン粉は、
 揚げるときにやや色が付き易くなるということを
 覚えておくと良いと思います。
 色がつきやすいだけで、特に支障はないのですけど。

b.キメの細かさは乾燥しているかどうか。
 キメの細かいパン粉も、ふわふわのパン粉も、
 基本的にはフードプロセッサーでガーッと回すだけ。

 乾燥しているパンで作ればキメが細かくなるし、
 乾燥していないパンで作ればふわふわに。
 ただそれだけの違いなのです。

c.おろし金でも作れます。
 フードプロセッサーがなければ、
 おろし金でおろしても同じように作れます。
 ただ時間がかかるだけです。

d.保存は冷凍庫で。
 作ったパン粉はフリーザーバッグに入れて、
 冷凍庫で長期保存が可能です。

 使うときも解凍なんて不要。
 そのままほぐして使えばOKなので、
 ホントに楽ですよ。



僕からのお願いです。

一度くらい騙されたと思って作ってみようかな?と思えたら、下のバナーを両方クリックしてください。あ、片一方だけでも良いですよ。
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ 人気ブログランキングへ
クリックすると別のウィンドウが開きますが、そちらはランキングサイトのレシピ部門です。じっくり見ても良いですし、見ないでウィンドウを閉じてしまってもOKです。

でも、クリックだけは、どうかお願いします。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
もくじ  3kaku_s_L.png イタリアン以外
もくじ  3kaku_s_L.png デザート系
もくじ  3kaku_s_L.png おせち料理
もくじ  3kaku_s_L.png 基礎資料
もくじ  3kaku_s_L.png 写真で見る目次
  • 【エビとズッキーニのクリームソーススパゲッティ】へ
  • 【グラーナチーズ入りグリーンサラダ】へ
 

~ Comment ~

NoTitle 

パン粉。昨日挑戦してみました。だいぶ前からフランスパンをカチカチにしてフードプロセッサがないので、おろし金でがんばりました(笑)
ぱりぱりなので削る度にまわりに飛び散って大変な思いをしましたが、苦労のかいあって完成。
とりあえず冷凍したので、揚げ物を作る時が楽しみでっす♪

> さくらぼむさん。 

お疲れ様でした。フードプロセッサって登場頻度は少ないのですが、あるととても便利なんですよね。

さくらぼむさんが今回作ったのは、イタリアンでよく使う細かなパン粉バージョンですね。日本のフライには柔らかなパンを使った普通のパン粉のほうが合いますよ。近々、細かなパン粉を使ったイタリアンのレシピも登場させますね。お楽しみに。

NoTitle 

なるほど……日本のフライは柔らかいパン粉のほうが合うのですね(汗)イタリアンレシピ!待っております♪

> さくらぼむさん 

キメの細かいパン粉だと食べた時のサクサク感があまりないですからね。

流出した水分を吸う役目と香ばしさを出したいときはキメの細かい方を、サクサクした食感を重視したい場合には普通のパン粉の方を使うと良いと思いますよ。ちょっと分かりにくかったですかね。ごめんなさい。

ありがとうございました 

今まで下ろしがねで作っていました…。フードプロセッサー、便利ですね!!ドイツに住んでいるので、パン粉は入手しにくく、ジャガイモの消費に困ってコロッケをつくるのですが、パン粉が面倒で…。これからは冷凍して、いつでも食べられます!

> チマチマさん。 

こんにちは。
ドイツ、良いですねぇ。
僕もイギリス在住なので、ご近所さん(?)ですね。
イメージがヴァイスヴルストにアルトビアなので
かなり偏っていると思うのですけどね。

参考にしていただいて、とても嬉しく思います。
パン粉は結構人気記事なのですよ。
予想以上に多くの人が検索してきてくれているようです。
自作のパン粉って、細かさで使い分けられるし風味は良いし、
フードプロセッサーならあっという間に作れるし、
作り方を知っておくと便利ですよね。

他のレシピもくどいくらい丁寧に書いてありますので、
また是非覗きに来てくださいね。
ありがとうございます。

はじめまして 

こんにちは..
今朝、昨日の晩から仕込んでおいた..
パン生地で山食を焼いたら..
焼き上がったパンが型からはがれず..
型からパンを取り出した時は..
せっかくのパンがメチャクチャ状態..。

失敗したパンで..
パン粉を作ろうとレシピーを探していて..
僕さんのブログを見つける事が出来ました..。

とても、分かりやすいレシピー..
早速、作ってみたいと思います..。

ただ、私のパンは...
レシピーより少し多めに..
お砂糖を入れているので..
パン粉を使う時は..
少し注意しながら使いたいと思います..。

記事をアップされて随分立つのに..
コメントをしてしまいすみません..。

お礼が言いたくて..
コメントを書かせて頂きました..。

とても分かりやすいレシピー..
ありがとうございました..。

From k*

>> k *さん。 

パンの失敗は残念でしたが、そのおかげでこのブログに到達したわけですから、僕にとっては嬉しい事です。ありがとうございます。

砂糖の量については、通常の食パンでしたらせいぜい粉に対して 5% 程度ですよね。その量でしたら多少焦げ色がつきやすいかなという程度に気をつければ十分だと思います。

コメント頂きましてありがとうございました。また覗きに来て下さい。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【エビとズッキーニのクリームソーススパゲッティ】へ
  • 【グラーナチーズ入りグリーンサラダ】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。