スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←スモークサーモンの冷製カペッリーニ →ティラミス
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



web拍手 by FC2
もくじ  3kaku_s_L.png イタリアン以外
もくじ  3kaku_s_L.png デザート系
もくじ  3kaku_s_L.png おせち料理
もくじ  3kaku_s_L.png 基礎資料
もくじ  3kaku_s_L.png 写真で見る目次
  • 【スモークサーモンの冷製カペッリーニ】へ
  • 【ティラミス】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

イタリアン以外

パンケーキ

 ←スモークサーモンの冷製カペッリーニ →ティラミス
パンケーキとかホットケーキのレシピって本当にいろいろありますね。材料だけでなく、パンケーキの完成形も随分といろんなバリエーションがあったりします。多分、その自由度の高さがパンケーキの人気の秘密の一つなんじゃないかな、なんてことを思ったりもしています。

さて、パンケーキとかホットケーキっていうのは、ホットケーキミックスが無くても、ものすごく簡単に作れちゃうものなんですよね。ウチでは「明日の朝はパンケーキが食べたいな」って言われたら「はい、かしこまりました」とは返答しませんが、すぐにパンケーキ・モーニングが登場します。常備している材料でぱぱっと作っちゃっちゃえるところがいいのですよ。

ということで今回は、ウチで作るパンケーキのレシピを書いてみたいと思います。意外とね、くどくなくって食べやすい、ホットケーキタイプの厚みがそこそこあるパンケーキです。是非一度、お試しください。

さてそれでは、早速作ってみることにします。



●パンケーキ
     Pancakes


2013_DSC_5006.jpg



●材料 (小さめ6枚、大きめ2枚分)

 生地用の材料
  薄力粉 ... 100g
  強力粉 ... 20g
  グラニュー糖 ... 大さじ1.5
  塩 ... 小さじ1/3
  ベーキングパウダー ... 小さじ2
  たまご(Mサイズ)... 1 個
  牛乳 ... 120cc以下くらい
  バニラエッセンス ... 2~3滴
  メープルシロップ ... 大さじ1
 焼き上げ~飾り用の材料
  サラダ油 ... 適宜
  無塩バター ... 30g
  メープルシロップ ... たっぷり
  好みのフルーツ ... 好きなだけ
  粉砂糖 ... 適宜



● 作り方

1.大きめのボウルに、薄力粉、強力粉、グラニュー糖、
 塩を入れ、しっかりと混ぜる。

 また、計量カップなどにたまごを割り入れ、
 ここに牛乳を加えて合計で160ccにする。
 これを粉類のボウルに入れ、泡だて器などを使って
 粉っぽさがなくなるまでしっかりと混ぜ合わせる。

 更に、バニラエッセンス、メープルシロップ、
 ベーキングパウダーを加え、もう一度混ぜ合わせる。

 一旦冷蔵庫に入れ、10分程度寝かせる。

2.フライパンに薄く油を引き、中火にかける。
 ここで、あまり絞っていない濡れ布巾を広げておく。

 フライパンが温まったら、フライパンの底を濡れ布巾に
 ジュッと押し当て(1秒以内)、フライパンの温度を
 均一になるように下げた後、今度は弱火にかける。

3.フライパンに生地の1/6を流し入れる。
 水分が少ない固めの生地なら高い位置から、
 水分が多いゆるめの生地なら低い位置から、
 それぞれレードルなどで流し入れる。

 26cm程度のフライパンならば1度に3枚可能。

4.生地の縁にふつふつと泡が出てきたら、
 生地をそっと持ち上げて、焼き色を確認する。
 2013_D76_7611.jpg
 生地に焼き色がついていたら、生地を返す。

 途中、フライパンの温度が高くなりすぎた場合、
 フライパンの底を濡れ布巾に一瞬つけて
 温度を下げる。

5.時々生地を持ち上げ、焼き色を確認する。
 色がついたら、バターを加え入れる。
 小さめの生地の場合は枚数×5g分のバターを、
 大きめの記事の場合は枚数×15g分のバターを。
 2013_D76_7612.jpg
 溶けたバターをパンケーキの両面に吸わせように
 手早く数回返した後、皿に取る。

6.一旦キッチンペーパーなどで綺麗にフライパンを
 拭きとった後、サラダ油を薄く引き直して、
 手順2から、もう1セット分を焼き上げる。

7.メープルシロップを好きなだけ掛け、
 粉砂糖を軽く振る。
 お好みのフルーツを添えたら、完成。



●ポイント

a.薄力粉と強力粉の比率はお好みで。
 強力粉を増やせば水分が少なめに感じるくらいに
 生地に弾力が出て、厚めに焼きあがります。
 食感はもちもち感が強くなります。

 薄力粉を増やせば水分が多めに感じるくらいに
 生地がさらっとして、薄めに焼きあがります。
 食感はあっさりした感じになります。

 これは好みの問題ですので、お好きな配合を見つけて
 みてください。

b.バニラエッセンスとメープルシロップ。
 バニラエッセンスは、生地に甘い香りをつけて
 くれます。バニラの風味が好きでないのであれば、
 省略しても構いません。

 メープルシロップは、生地にしっとり感を与えて
 くれます。このレシピでは仕上げにメープル
 シロップを掛けますので、同じメープルシロップを
 生地の中にも加えます。
 もし仕上げにはちみつを掛けるのであれば、
 生地に混ぜるものもはちみつにしてください。
 同様にケーキシロップならそれを混ぜ込みます。
 こうすることで生地とシロップの一体感が生まれます。

c.ベーキングパウダーを最後に入れます。
 ベーキングパウダーはなるべく最後に加えましょう。
 これは、ベーキングパウダーが水分と接した時点から
 炭酸ガスの生成が始まるためです。

 低温時の反応速度は遅いのであまり神経質になる
 必要はありません。ですが、焼き始めるまでは
 できるだけ反応させないようにしておいて、
 焼き上げで一気にガスが生成すれば、
 よりふっくらと焼きあがることになるのです。

 ベーキングパウダーを加えるタイミングは、
 そんな理由で、なるべく遅くした方が良いのです。

d.生地を冷蔵庫で寝かします。
 たかが10分。されど10分。
 混ぜ合わせた生地は、必ず冷蔵庫で寝かせましょう。

 このステップを入れると格段に生地が馴染みます。
 なんというか、生地の粉っぽさが無くなるというか、
 素材の一体感がましてしっとり焼きあがるというか、
 そんな感じです。

 この10分間が大きな違いを生むのです。

e.フライパンは、厚手のものを。
 フライパンは底の厚いものを使いましょう。
 均一に火が通ります。

 フライパンの材質などは何でも構わないですよ。
 ステンレス、鉄、鋳鉄。テフロン加工でもOK。
 ただ、蓄熱量の多い厚手のフライパンのほうが
 綺麗に焼き上げることが出来るというだけです。

f.濡れ布巾でフライパンの温度コントロール。
 濡れ布巾を広げておき、フライパンの底をジュッと
 つけます。こうすると、フライパンの温度が全体的に
 均一になって、綺麗に焼き上がります。

 但し、長くつけすぎてはダメですよ。
 フライパン全体の温度が下がり過ぎてしまいます。

 途中で温度が上がり過ぎた時も、濡れ布巾にジュッと。
 逆に温度が下がり過ぎた時は、火力を強めてください。

g.生地の流し込みは、固さに応じて。
 水分が少ない固めの生地なら高い位置から、
 水分が多いゆるめの生地なら低い位置から、
 それぞれレードルなどで流し入れてください。

 固めの生地を低くから入れると、丸く広がりません。
 ゆるめの生地を高くから入れると、飛び散ります。

 とは言えですね、あまり難しく考えないでください。
 適当な高さからどうぞ。

h.バターは仕上げに溶かして吸わせます。
 バターは、仕上げにフライパンに入れて、
 溶けて大きな泡が出てきたら、素早くパンケーキに
 吸わせます。こうすることで、バター独特のやわらかな
 風味がパンケーキに染み込みます。

 決して溶かしバターを生地に混ぜ込んだり、
 最初からバターで焼き上げたりしてはいけません。
 このような方法では、バターに火が通りすぎてしまい、
 バターの成分が変質してくどくなったり、
 嫌な匂いに変わってしまい、風味が台無しになります。

 どうしても最初からバターを使いたいのであれば、
 普通のバターではなく、澄ましバターを使ってください。
 雑味成分を取り除いた澄ましバターであれば、
 加熱による味や風味の変性は抑えられますから。

i.2セット目を焼くときには。
 上記hと同様の理由で、必ずフライパンに付いた
 バター成分を綺麗に拭きとってから2セット目を
 焼き始めてください。

 また、2セット目を焼いている間に1セット目が冷めて
 しまわないように保温するには、オーブンが便利です。
 短時間であれば60~70℃で保温することができます。



僕からのお願いです。

「このレシピでパンケーキを作ってみようかな。」と思わされてしまったのなら、是非以下のバナーを全部クリックしてください。あ、二つだけでも良いですよ。せめて一つくらいはクリックお願いします。
   にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ にほんブログ村
    レシピブログに参加中♪
    料理レシピ集 ブログランキングへ
クリックすると別のウィンドウが開きますが、そちらはランキングサイトのレシピ部門です。じっくり見ても良いですし、見ないでウィンドウを閉じてしまってもOKです。お手数ですが、ご協力お願い致します。
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
もくじ  3kaku_s_L.png イタリアン以外
もくじ  3kaku_s_L.png デザート系
もくじ  3kaku_s_L.png おせち料理
もくじ  3kaku_s_L.png 基礎資料
もくじ  3kaku_s_L.png 写真で見る目次
  • 【スモークサーモンの冷製カペッリーニ】へ
  • 【ティラミス】へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【スモークサーモンの冷製カペッリーニ】へ
  • 【ティラミス】へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。